2006年09月05日

「L.L. -little light-」

そっと掌に舞い降りて来た小さな光
何故か一緒にいられない予感が貴方を急かす

どうしても守りたくて一生懸命になっても
叶わない願いはやがて空へ紛れてゆく…
声を枯らして泣いていても巡り来る時間は無常にも明日へ向かう

ずっと想っていれば光は消えないよ
例えそれがとても弱く小さな光だとしても…
掌から消え行く光は貴方の心の奥へ高く浮かび上がって…
あの星のように明日へ導く輝きを放つだろう

心に宿った小さな光の願い
貴方の笑顔に包まれていたい…
その光の気持ちを忘れないでここからまた踏み出そう



(23:29)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字